有限会社shortcut8


コンテンツメニュー


ブログ

2018年
1月21日(日)
AM 10:24

先日、年が明けてからの大掃除をしました。年末にしようと思っていたのですが、なかなか時間が作れず1月の半ばに。
最初の1時間ほどは、順調に進んでいました。布団を干し、コロコロをして、ゴミをまとめる。散らかっていた物をもとある場所に戻しコンロもピカピカ。しかし、卒業アルバムが出てきてから流れは変わってしまいました。掃除中に出てくる卒業アルバムの力は、強大で抗うこともできずに思い出に浸ってしまいました。結局8時間近くかかって大掃除は、終了。しかし、一週間ほどでまた部屋が散らかってきてしまいました。普段からこまめに掃除することが大切と思った休日でした。(川村)


 

2018年
1月20日(土)
AM 10:22

よく、年を取ると涙もろくなると言いますが、最近それを実感することがありました。公園で遊んでいる親子を見ただけで泣きそうになってしまったのです。もともと涙もろい性格ではあったのですが、さらに拍車をかけて涙もろくなっているような気がします。試しにと、今までで一番泣いた映画をもう一度見てみようと思い、見返してみたところ、案の定号泣してしまいました。しかも、泣きすぎて頭が痛くなり寝込んでしまうくらいに…。これは日常生活にも支障をきたすのではないかと、少し不安になりました。こんな調子でいると、50歳、60歳になった時に、もっと些細なことでも泣いてしまうのではないか、心配になり泣きそうになりました。今は涙腺を鍛える方法を探して、人並みの涙腺を手に入れることがひとつの目標です。(川村)


 

2018年
1月19日(金)
AM 10:21

仕事が終わり、家に帰ろうとしていたときのことです。走れば終電に間に合うという時間帯でした。普段運動をしていないので、予想以上に走るのが遅くなっている…。駅までの道のりを走るだけでどっと疲れが押し寄せてきました。もうダメかもと思いながらも、なんとか、終電の2分前に駅に着くことができ、ホッと胸をなでおろしていました。電車が来るまであと、1分。のどが渇いたので、自販機で飲み物を買うことにしました。500円を入れ飲み物を購入。しかしお釣りが出てきません。駅員さんを呼ぼうにも駅員室は反対側のホーム。どうすることもできません。まさか24歳にもなって自販機にお釣りをくださいとお願いをすることになるとは思いませんでした。泣く泣くお釣りは諦め乗車。
時間に余裕を持って行動する、ということを心がけようと強く思った瞬間でした。(川村)


 

2018年
1月18日(木)
PM 01:35

月曜日、ずっと応援していたももいろクローバーZの有安杏果さんがグループを脱退し、所属事務所とレコード会社との契約も解除という一報が入りました。
情報収集の結果、日曜日に幕張メッセでラストライブを行うことがわかり、迷わず申し込み、先ほど当選通知が入りました。
頭の中にはいろいろと考えが巡り、どうにもまとまらない状況は続いていますが、4人のメンバーが「続けてきてよかった」と今後も思えるように、引き続き応援することだけは決まっています。
とはいえ、正直言って、日曜日がやってくるのが怖いです…。(木村)


 

2018年
1月17日(水)
AM 10:17

私がこの世で最もめんどくさいと思っている事のひとつに「洗濯物をたたむ」があります。そこまで衣類をたくさん持っているわけではないのですが、休みの日ににまとめて洗濯をするので、一週間分の洗濯物が襲ってくるのです。
なにか良い方法はないかと、「家事をしているときが一番の幸せ」と語っていた変わり者の友人に相談したところ、「めんどくさいと思うからいけない。楽しめる設定を考えれば洗濯物をたたむのも苦にならない」とアドバイスをもらいました。詳しく話を聞くと、友人は脳内で実況しながら洗濯物をしているというのです。そうすると自分がスポーツ選手になった気分になれて、楽しく洗濯物をたためるらしいのです。自分も試しにと、実況をしながらやってみたところ意外と楽しい…。もっと速く、もっと速くと思うようになり、毎週「洗濯物速たたみ選手権」を開催することになりました。脳内でですが。
みなさんも家事がめんどくさいと思ったときに、ぜひ試してみてください。(川村)


 


old